一旦痩せてもまた太る?

母乳育児でせっかく痩せても、また太ったなんて人は沢山いるでしょう。子供もまだ小さく、自分のことに時間をかけられないのが本音です。ではどのような理由で体重が増えるのか、下記でチェックしましょう。

産後太りの原因

  • 筋肉量が減っている
  • ストレスによる食べすぎ
  • ホルモンバランスの崩れ

育児は体力勝負!母乳ダイエットでスリム&健康体を手に入れよう

サプリメント

今話題のベビーフードダイエットとは?

歯のない赤ちゃんが食べやすいよう作られたベビーフードは、胃腸に負担のかからないペースト状なので、デトックス効果が得られると話題です。糖質と塩分が大人食より控えてなのも嬉しいでしょう。一日の栄養が丸ごと含まれていますから、バランスのいい食事を心がけることができます。最もおすすめなのは、チアシードが入った離乳食です。あくまで、離乳食を大人用にアレンジするものですが、チアシードをプラスすると満腹感が得られます。このチアシードとは、海外が生育するチア(植物)の一種で、栄養の高さと水を足すと約10倍ほど膨らみます。ダイエット食品として注目されるのはそのためでしょう。まさに産後太りで悩む人向けといえますね。他のメニューと置き換えれば、みるみる痩せますよ。抗酸化作用があるので、白髪の予防になりますし育児ストレスによる肌荒れにも効果的です。母乳ダイエットで順調に落ちていた体重も、卒乳と共に元通りです。それを防ぐためにも、ベビーフードダイエットやチアノーゼを組み合わせて体重をコントロールしましょう。

母乳育児でがりがりになる方もいる

病気?と思われるほど、痩せてしまう人は珍しくなく、太るために脂っこいものを積極的に食べる方もいます。それでも、理想の体重まで太れないこともあるでしょう。理由は、消化機能が低下しており、食べたものが吸収されないためです。母乳育児で痩せてしまったために、太る時間帯に食事を摂ることや、無理に食べるなどは、実は間違った太り方なのです。確実なのは、太るサプリを服用して、消化を手助けすることです。内臓活性化のために、二種類の酵母が太るサプリメントに含まれていると尚いいでしょう。バイオぺリンでさらに吸収力を高めれば、徐々に肉がついてきます。

育児疲れを吹っ飛ばすなら滋養強壮

小さい子供の面倒をみるのは、育児慣れしている人でも疲れてしまうものです。特に育児初心者の場合は、スタミナ切れを起こす傾向にあるでしょう。気力が湧かず、育児放棄をする危険があります。体にパワーを与える滋養強壮は、産後の体力回復及び、乳腺炎の予防に効果抜群です。また滋養強壮に含まれるマカには、ホルモンバランスの調整と血行促進も期待できるので、体の内側から健康になれます。

出産方法で違う!産後ダイエットを始める時期

自然分娩

出産したらすぐにダイエットを開始したい気持ちが先走るものの、自然分娩は体力をかなり消耗するため、産後一か月ごろは、栄養のあるものを食べて体力をつける必要があります。ですから産後ダイエットは、産後半年を過ぎたころがベストでしょう。

帝王切開

帝王切開で赤ちゃんを出産した場合、切開した箇所が肥立ちに大きく影響します。ですから、すぐダイエットをするのではなく、自然分娩より2、3か月長めに休養してからが望ましいです。

広告募集中